セレクトボックスフィールド

セレクトボックスフィールドは、ドロップダウン形式の入力を提供します。

設定

セレクトボックスフィールドの設定は、次の通りです。

  • セレクトボックスのオプション – フィールドで利用可能なオプションを定義します。オプションの値とラベルを別々に設定したり、デフォルトで選択状態にしておくものを選択できます。

テンプレート記法

セレクトボックスフィールドによるエレメントの照会

セレクトボックスフィールドを持つエレメントを照会する場合、フィールドのハンドルにちなんで名付けられたクエリパラメータを使用して、セレクトボックスフィールドのデータに基づいた結果をフィルタできます。

利用可能な値には、次のものが含まれます。

取得するエレメント
'foo'foo オプションが選択されている。
'not foo'foo オプションが選択さていない。
['foo', 'bar']foo または bar オプションのいずれかが選択されている。
['not', 'foo', 'bar']foo または bar オプションのいずれかが選択されていない。
{# Fetch entries with the 'foo' option selected #}
{% set entries = craft.entries()
    .<FieldHandle>('foo')
    .all() %}

セレクトボックスフィールドデータの操作

テンプレート内でセレクトボックスフィールドのエレメントを取得する場合、セレクトボックスフィールドのハンドルを利用して、そのデータにアクセスできます。

{% set value = entry.<FieldHandle> %}

それは、フィールドデータを含む craft\fields\data\SingleOptionFieldData オブジェクトを提供します。

選択されたオプションを表示するには、それを文字列として出力するか、value プロパティを出力してください。

{{ entry.<FieldHandle> }} or {{ entry.<FieldHandle>.value }}

任意のオプションが選択されているかを確認するには、value プロパティを使用してください。

{% if entry.<FieldHandle>.value %}

選択されたオプションのラベルを表示するには、label プロパティを出力してください。

{{ entry.<FieldHandle>.label }}

利用可能なオプションすべてをループするには、options プロパティを反復してください。

{% for option in entry.<FieldHandle>.options %}
    Label:    {{ option.label }}
    Value:    {{ option }} or {{ option.value }}
    Selected: {{ option.selected ? 'Yes' : 'No' }}
{% endfor %}

投稿フォームでセレクトボックスフィールドを保存

セレクトボックスフィールドを含める必要がある投稿フォームがある場合、出発点としてこのテンプレートを使用してください。

{% set field = craft.app.fields.getFieldByHandle('<FieldHandle>') %}

<select name="fields[<FieldHandle>]">
    {% for option in field.options %}

        {% set selected = entry is defined
            ? entry.<FieldHandle>.value == option.value
            : option.default %}

        <option value="{{ option.value }}"
                {% if selected %}selected{% endif %}>
            {{ option.label }}
        </option>
    {% endfor %}
</select>